腰痛にも効果あり?ヒアルロン酸を生み出すタマゴサミンの働きとは

腰痛は、腰のあたりの骨である、腰椎に対する過負荷や機能低下が原因で発生する病気です。
慢性化してしまうと非常に厄介なこの腰痛ですが、タマゴサミンはこの腰痛に対して、良い効果を与えることができるのでしょうか?

腰痛は椎間同士のトラブルによって生じる病気

腰の骨には、椎間板や椎間関節という部分があり、これらは軟骨によって覆われています。
椎間板は、背骨を構成する椎骨の間に存在するクッション物質であり、椎間関節は椎骨同士をつなぐ関節です。
腰痛で悩まされている人は、これらの部分が何らかの損傷を受けている可能性があります。

腰痛にヒアルロン酸が効くのはなぜ?

ヒアルロン酸は、肌のハリや美しさを保持する用途でよく取り上げられる成分ですが、腰痛を始めとした関節の痛みにも効果的であると言われています。
それは、ヒアルロン酸はこれらの軟骨やクッション物質を構成する要素の一つであり、骨同士がこすれあったり、傷つけあったりすることを防ぐからです。

関節の痛みが酷い部位に対して、ヒアルロン酸を直接注射するのも、すり減ってしまった軟骨などの成分を直接補充するためです。
腰の患部に注入されたヒアルロン酸は、そのまま椎間板や椎間関節で減ってしまった軟骨を補充する形に変化し、患部同士を保護します。

しかし、これも全ての腰痛をお持ちの方に効果があるわけではなく、だいたい効果があるのは6割位と言われています。
4割の方は他の要因による腰痛であるわけですが、適切な処置の上でのヒアルロン酸注射については、多くの腰痛患者の方に効果があるといえるでしょう。

タマゴサミンが腰痛に与える効果は?

このように、腰痛を始めとした関節の痛みに対しては、ヒアルロン酸を体内に摂り入れることが効果的です。
しかし、サプリなどの経口摂取で摂るヒアルロン酸については、その成分は体内で分解されてしまい、殆どが糖として吸収されてしまいます。

その為、ヒアルロン酸を体内で作り出す事が重要になってきます。
身体は年をとるに連れて、ヒアルロン酸を生成する能力が落ちていってしまいますが、この能力を補うことができるのが、タマゴサミンです。

タマゴサミンに配合されたiHAは、ヒアルロン酸を生成することに対して働きかけます。
ヒアルロン酸をそのまま体内に摂り入れるのではなく、身体がそれを作り出すことに対して働きかけるのです。

その為、軟骨がすり減ることによって腰の痛みが発生しているようなケースの場合は、ヒアルロン酸を体内生産することを助けるタマゴサミンは、効果があるといえるでしょう。

ただ、この働きについては即効性はなく、大体2ヶ月位の期間で身体の変化を見る方が良いと言われています。
痛みを伴うが即効性のある注射が良いのか、タマゴサミンによるじっくり治療が良いのか。あなたの身体の状態によって大きく変わってきます。
ですが、手軽な値段で負担も少ない、タマゴサミンは試す価値はあると思います。
一度あなたも検討してみてはいかがでしょうか?

タマゴサミンの公式ページはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする